数年前に株で儲けて資産は6,000万円超え!! そこから転落人生で今は資産がほぼゼロw  次はFXで資産を復活させる!!

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
計算と言うほどのことではないけど、
理解しておくと気持ち的に楽なので簡単に整理してみる。

昨日の記事のルールの中(■取引手法④)の、
リミット+30P、ストップ-20Pを取引数と勝率で計算する。

■1ヶ月に平日の約20日間、1日に2回の取引を行ったとする。

   20日間 × 2回 = 40回(ひと月)

■月40回の取引で勝率が5割だとする。

   20勝 20敗 =(20勝×30P)-(20敗×20P)
            = +200P  

これで+200Pの計算になるので、月+200Pの目標達成となる。

単純に考えて、いくつかのテクニカル指標にて判断し、
それなりのルールに従いさえすれば(余計なことをしなければ)
かなりの確率で目標は達成可能だと判断できる。

上記の計算で大切なことは、
裁量を加える理由がないと言うこと。

裁量を加えないのであれば、途中の値動きで躊躇せず、
OCOで出しているリミットかストップの注文に
どちらかに約定するまで放置でOKだと思える。

為替は株と違い、相場の時間がとても長い。
株だと本日の底打ちがある程度の判断ができたのだけど、
為替は、しつこいほど同じラインの節目を試してくる。

なので、上げると思いロングで入ったものの、
あれ?と思うような下げが頻繁に起こる。

しかし、その時にポジションを外さないことだ。
裁量に頼ると相場に翻弄されることになる。

いくつかのテクニカル指標を駆使し、自分が判断できる範囲、
ポジションに執着しない保有時間、
どういう理由でそのタイミングで注文を出すのか?

すべてが機械的に作業を行えれば、
裁量が入り込む余地はないように思える。

しつこく自分の為に書くのだけど、
裁量が入ると毎回ではないにしろ、
判断が正しかったと思えるトレードもあれば、
ほっとけば良かったというどちらかになると思う。

これを繰り返すと、トレードがブレる。
裁量によって自分の判断がその時は正しかったとしても、
次回に上手くいくとは限らない。
ブレ始めるとルールも曖昧になり、気持ちも落ち着かなくなる。

見る必要のない画面にしがみつき、1分後1秒後の値動きが
気になって仕方がなくなる。
最終的に自分では気づいていないが、感情的になっているので、
勝てるはずがない。


応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://valjean1026.blog112.fc2.com/tb.php/7-e7ab283d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。